PR

ジョージ・メンズコーチ『残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』を文字起こしにより読み解く

スポンサーリンク

今回は、ジョージメンズコーチ/危機感二キの大バズり動画について正確な文字起こしをもとにして、アナライズしてみよう。この動画の切り抜きが「X」において大バズりしたのだが、その背景にある文字を通して理由を探ることで、そのジョージ・メンズコーチ独特の話し方や話術の秘密に迫ってみよう。


もくじ

スポーツ経験と男性の成長

スポンサーリンク

スポーツ経験と男性の成長:スポーツの重要性

(以下:動画文字起こし)これは結構、あの、大げさだと思われる可能性が高いんだけど、スポーツ経験がない男今まであんまり運動の経験がない男、部活に入った経験がない男は、俺ガチで危機感を持った方がいいと思う。うん、ガチで危機感を持った方がいい

それこそがお前がどうあがいてもモテない理由だと思う。モテないって、うん、これまでに一度もスポーツの経験がなかったら、部活に入ってなかったら、ね、それかせめて筋トレすらもしてなかったら、厳しいって、うん、パーツが足りてないって、男としての。足りてない、完全に失ってる。うん。で、これはもう顕著に現れてると思う。スポーツをやってるやつとスポーツをやってないやつの、身体的強さの違い、メンタル的強さの違い、何もかも明らかな事実だと思う。俺には、俺はスポーツ向いてないから、運動神経ないから、家に引きこもってる方が楽しいから、俺はゲームが好きだから、俺は遊戯王プレイヤーだから、やばいって。何がやばいかって言うと、男として成熟しないんだよね。その人生の中で、なんかしらの競争をしてないと、男として成熟するためのパーツに欠けるんだね。お前、最後に競争したのいつ? 他の男と戦ったのいつ? 監督に理不尽なこと言われたのいつ? お前、使えないって言われてベンチ外にされたのいつ? ないでしょ。そういう経験。ね。先輩に下手くそって言われたことないでしょ。意味も分からずにグラウンド300周させられたことないでしょ。弱いって、うん、絶対メンタル弱くなるって、そういう経験が一度もない男は、勝負の世界にいたことがない男は、自分のプライドが傷つけられたことがない男は、他の男に負けたっていうその悔しさを持ったことがない男、それかどうにかしてこいつをぶっ潰してやるっていう心に宿る炎を抱えたことがない男、弱いって、モテないって、エッジがないんだもん。リスクに対する耐性がないんだもん。メンタルの強さがないんだもん。パワーがないんだもん。お前、腹から、腹からちゃんと声出したの最後いつ。ね? スポーツやってるやつは絶対腹から声出してるから。お前、最後に腹から声出したのいつよ。

ね。1日中引きこもって、ジョージメンズコーチ持ち悪い。あの外人。ボソボソ喋ってんだよ。マジで。全部スポーツやってないからよ。うん、もしくはそのスポーツ的な要素が人生に今まで一度もなかったからよ。明らかに勝ち負けの世界で戦ったことがないからよ。

社会的影響と自己改善の必要性

選ばれるか選ばれないかね、そういう自分のプライドに傷が入るような状況に置かれたことがないからよ。実際にプライドに傷が入って、それで絶対勝ってやるっていうその悔しさを持ってね、再度戦いに行く、そういう経験がないからよ。だからすぐに、「あ、俺はダメなんだ。」うん、またまたボソボソ喋り始める。文句を言う。ちょっとでも理不尽なことがあったら耐えられない。いや、世の中は理不尽だって、うん、理不尽よ。女の子は顔が可愛ければめちゃくちゃモテるね。別にその子がマックで働いてようが、セブンで働いてようがさ、どうでもいいじゃん。けど、男がマックで働いてたら、セブンで働いてたら、どうモテる? ぶっちゃけた話ね、まともに就職してなくて28歳になってマックかセブンで働いてたら、女の子は可愛ければモテるよ。うん、モテるって、普通に100件以上溜まってるよ、DMにメッセージが。理不尽でしょ。ね、理不尽よ。女の子、別にジム行かなくても、ある程度太らなければいいんだって、お前、立つでしょ。ね。果たしてお前のそのヒョロガリな、ね、爪楊枝みたいな体で女の子を魅了できる? 魅了できないよね。

お前らはジムに行け

お前はジム行かなきゃいけないんだよ。お前、重いもの毎日のように持ち上げて、筋繊維ぶっ壊して、食って、よりデカくなんなきゃいけないんだよ。理不尽でしょ。顔とか身長もそうよ。遺伝子もそう。あいつは週に1回しか筋トレしてないのに、週5回筋トレしてる俺よりも体デカい。3年間やり続けた俺よりも、3週間やった俺よりも、すでに大きい。ざらにあることよ。あいつは顔がかっこいいだけでどこ行っても得してる。あいつは身長が高いおかげでどこ行っても得してる。理不尽でしょ。だからお前、耐えられないって。今までスポーツしたことがなくて、そういう、なんていうの、そのスポーツの世界で理不尽を味わってないからね。その今までの人生の中でちゃんとした、目に見えた理不尽を味わってないから、耐性がないんだよね。うんだから、すぐ人のせいにする。「ああ、もう環境がダメだから。」「もう俺は、うん、遺伝子が悪いからね。」違う? 弱いって、弱い。テストステロンっていう観点でもそう。運動から逃げて、筋トレから逃げて、スポーツから逃げて、ずっと1日中家に引きこもってるお前、それ、いくら金稼いだとしてもね、いくらなんだろう、プログラミング上手になっても、モテないよ、普通に。だってその家に引きこもってやる作業、いつ断られる?

自己成長と挑戦

メンタルな強さ必要? あ,もちろんね。自己規律は必要だと思う。うんね、毎日仕事するって素晴らしいことだし、ストイックじゃないとできないことだと思う。で、それ以外の要素を欠けてるって、どう考えても、うん、育たないって。男としての内側が、実際に身体的に体を追い込まれないと、精神的に体を追い込まれないと、足りないって。その追い込みが、で、精神的にだったり、肉体的にしっかり追い込まれてきたやつってのは、女の子の目の前にして、動じないんだよね。うん、それ、その女の子の目の前にして、どうこうっていうより、っていうようなことよりも。あの、散々他のエリアでね、苦しい思いしてきてるから、きつい思いしてきてるから、それに打ち勝ってきてるからね。じゃあ、女の子の目の前に現れました。「はい、こんにちは。」動じないんだよね。仕事の世界でもそうよね。営業の世界で結果出してんの、成果出してんの、大体スポーツ経験ある男だよね。

うん、もちろんね、プログラミングとか、その、まあ机に向かってひたすら作業する系のやつは、そのスポーツ経験ないやつが勝つかもしれないけど、じゃ対面したね、ソーシャルスキルってところ、これ完全に共通点あるよね。女性との女性関係とね、仕事でのパフォーマンスってのはね、それは営業できる男の方が、女性に対しても上手に決まってんじゃんよ。対面のスキル持ってるから、コミュニケーションのスキル持ってるから、人の目見て実際に腹から声出して喋れるから。危機感持てって。ね。で、これまでの人生でスポーツやってこなかったってことはもう、しゃあない、変えられない事実よ。やってこなかったんだもん。だけど、今から始められるでしょね。始められるでしょ。格闘技のジム行けって。もしくは、ジム入れって。もしくは、サッカーに興味あるんだったら、サークル参加しろって。

戦え、そして復活せよ

調べろって。戦えって。その戦いの要素を自分の人生に取り戻したら、お前は男として復活するよ。蘇るよ。間違いないって。お前は男を失ってる。耐えられない。耐性がない。厳しさに対して弱い。で。この男としてのね、精神的そして肉体的弱さってのは、女性がめちゃくちゃ冷める原因なんだって。要因なんだって。だって、信用できないじゃん。安心できないじゃんよ。ね。ピヨピヨした男と一緒にいてもね。で、男がピヨピヨしてると、なよなよしてると、どうなるかって言うと、女が強くならなきゃいけない。この女が男の役割をし始めるんだね。

社会的役割と自己認識

これは死ぬほどたくさん起きてる状況。女が男の役割を担うようになる。女がリードしてる。女が決断をしてる。男がピヨピヨついてく。それはそうでしょ。お前はピヨピヨしてナヨナヨしてるから、誰かがね、その強い役割を取んなきゃいけないわけじゃん。てなると、責任感を持った女性ってのが、お前の男としての役割、お前の男としての役割を奪って上に立つわけよ。それはリスペクトを失われるって。リスペクトできなくなるって。ナヨナヨしてピヨピヨしてたら、男として、全部言いなりだったら、簡単に操れたら、本当に危機感を持った方がいいと思う。今までスポーツ経験がない人、そして、まだ未だに運動すらしてない人、お前が自信を持てない理由はそれだよ。ね。食事だったり、健康っていう点でもそう。明らかにスポーツ経験あるやつの方が、食事に関する知識あるし、自分の体にとっていいものを取るっていう意識が高い。そして、それを準備する自己規律も高い。今まで自分の体にリスペクトしてきたから。そのピッチで他の男に勝つために、そのリングの上で他の男に勝つために、意識が違うんだって。お前みたいにチートを作ってないんだって。お前みたいにレッドブルとあのじゃがりことドンたこを作ってないんだって。差は開くよ。差は開く。ね。仕事の世界でも、女性関係の世界でも、独占されるって。スポーツ経験持ってたやつ、そして今もしっかりスポーツ続けてるやつ、体を動かしてるやつ、運動してるやつ、戦いに出てるやつ、レベルが違うって。男としてのメンタルの強さが違うって。で、この動画で話してる内容に自分がもし当てはまってるんだったら、始めろ。うん、失敗する恐れを持って、失敗する覚悟を持って始めろってね。

恥ずかしい思いをしろ!

恥ずかしい思いする覚悟を持って始めろって。俺も最初、格闘技始めた時、ま、今でも下手くそだけどね、恥ずかしかっただって。パンチがへなちょこで、なよなよしててね。見た目は外人で、身長高くて、筋トレもしてるから、あの、ボクシングジムのやつらは、「あ、こいつ、メチャ強いかもな。」みたいなイメージ持たれてるわけ。そんな中でさね、あーって、猫パンチ知らんだよ。恥ずかしいって。けど、その恥ずかしさ乗り越えないとね。

挑戦と自己変革

サッカーだったり、その他、やったことないスポーツでもそうよ。恥ずかしいって、最初の方、へなちょこでけど、そういったのも乗り越えずにね、ずっとコンフォートゾーンの中にいる、ずっと机の前、そのパソコンの前で、画面眺めてる、いつまで経って変われないって。お前に必要なのはそのね、自分のコンフォートゾーンの外に出て、チャレンジをすることなんだよね。メンタルの強さを使うことに挑むことなんだよ。それに気づいてる?ね。出会い系YouTuberの動画を何本も見ることじゃないんだって。俺の男磨きの動画を何個も見ることじゃないんだって。ね、実際に外の世界出て、自分が恐れてることに立ち向かうことなんだ。

戦えって。うん。で、このメッセージの重要性に気づかずにね、ずっと引きこもって、今までの人生と何も変わらずに、一切運動しないで、スポーツしないで、他の男と戦わないで、家に引きこもってたら、それは、繰り返す人生になるって。だって、出てないんだもん。外の世界に。自分を試してないんだもん。断られる恐怖持って、嫌われる恐怖持ってね、恥ずかしい思いする恐怖に打ち勝って、実際に行動を取ってないんだもん。殻の中に閉じこもってるんだ。うん。で、そういう傾向にあるやつは、大体、スポーツしてない。うん、もちろん、スポーツ経験ないやつでもやってるやつは中にはいるかもしれないけど、基本的にスポーツ経験ないやつ。ね。スポーツ、そしてスポーツ経験あってもね、スポーツやめて、その殻に閉じこもった生活してるやつもいるのは、もちろん知ってるけど、けど、このね、明らかに傾向としては、スポーツやったことない、ずっと帰宅部、吹奏楽部で、部屋でアニメ見てるやつなんだって。偏見だったら申し訳ないけど、けど実際そうだって。

だだちにスポーツをはじめろ!

スポーツ始めろ。お前のオーラが変わる。男の振る舞いが変わる。お前のメンタルの強さが変わるね。2回、3回トレーニングしただけじゃ変わんないよ。これを何ヶ月も、何年も続けてくこと、それによって、お前は男としての、あの、失ってたパーツを取り戻すことができるようになってくる。真剣に捉えろって。危機感持てって。スポーツ経験ないんだったら、お前は圧倒的にもう、その時点で、他の男、その、スポーツやってる、スポーツ経験がある男に、アドバンテージを持たれてるよ。うん。弱いポジションからのスタートしてるよ。身体的強さ、メンタル的強さ、勇敢さ、リスクに対する耐性、チャレンジングな姿勢、女性の目の前に立った時に、ま、動じない姿勢、動じないメンタル、死ぬほど重要だと思う。きつい時こそ、やらなきゃいけない、やろうぜ。じゃあ。(以上、文字起こし終わり)

ジョージメンズコーチ『残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』における、単語の出現頻度

『残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』において、3回以上出てくる単語をリスト化してみる。

単語出現回数
スポーツ32
経験17
理不尽10
メンタル9
世界9
女の子7
人生7
いつ6
危機感5
役割5
運動5
筋トレ5
女性5
5
身体的4
耐性4
モテ4
モテる4
精神的4
あいつ4
明らか4
ジム4
思い4
4
仕事4
成熟3
重要性3
競争3
リスペクト3
プライド3
パーツ3
戦い3
恐怖3
身長3
要素3
サッカー3
マック3
セブン3
必要3
動画3
3
絶対3
残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』における、単語の出現頻度

単語出現頻度から見るこのトークの特徴

上記のデータはジョージメンズコーチの”『残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』”における、単語の出現頻度名詞とその出現回数をリストアップして表にしたものであるが、これを見ると特に「スポーツ」が32回と最も多く出現していることから、文章の中心テーマは「スポーツ」に関連していることが明らかで、次いで「経験」が17回、「理不尽」が10回と続く。これらの単語から、スポーツ経験の有無がその個人が人生における「理不尽」さに屈することなく乗り越えていくのかについて述べていることが読み取れる。

「メンタル」「世界」「女の子」「人生」といった単語がそれぞれ9回、7回と続いており、スポーツが精神的な強さや社会的な環境、異性との関係、人生全般において重要な役割を果たすことが示唆されているが、特に「メンタル」が多く出現していることから、精神力がテーマに強く関連していることが明白である。

「腹」「筋トレ」「運動」「女性」といった単語も複数回出現しており、スポーツを通じて身体的な健康やジェンダーの役割に対する言及がなされていることが推測される。特に「腹」から声を出すことがスポーツをする人の特徴として挙げられている。

「モテ」「モテる」「明らか」「ジム」「思い」「声」などの単語は、恋愛や社会的ステータス、といった個人的なアイデンティティとスポーツとの関連を示しているようである。ここから、スポーツをすることが社会的な成功や個人的な魅力に関連するという話者の視点が伺える。

最後に、「成熟」「重要性」「競争」「リスペクト」という単語が3回出現しており、このトークではスポーツが個人の成長、社会的な重要性、競争力、尊敬を得るための手段として位置づけられていることが伺える。

全体を通じて、スポーツ経験が個人のメンタル、身体的健康、社会的成功、恋愛、自己認識、尊敬など多岐にわたる人生の側面に深く関わっていると考えているとみられ、スポーツを通じた人間的な成長の重要性が強調されていることがこのワード出現頻度分析からわかる。

スポーツ経験がないとなぜその人は危機感を持たないといけないのか? :ジョージ・メンズコーチの見解

ジョージ・メンズコーチ(危機感ニキ)によると、男性にとってスポーツ経験の有無は、人生におけるキャリアパスにおいて大きな意味を持つという。 スポーツ経験のない人は特に恋愛において圧倒的に不利な立場に立たされており、仕事においても、プログラマーなどのデスクワーク以外の仕事、例えば営業職のような対人関係の構築力が重視されている仕事においてはかなりのディスアドバンテージを背負っているという。 このような彼の見解には賛否両論が存在するはずだ。 ここでは、彼の主張を詳細に読み解いて、スポーツ経験の有無が男性の職業における成功や恋愛とどんな関係があるのか、それとも全く関係がないものなのかを考察する。

スポーツ経験そして、男性としての人間的成熟度

ジョージメンズコーチによると、スポーツで得られるフィジカル、メンタルの強靭さは、男性が競争社会で生き伸びていく上で必要不可欠な要素であるという。 要するにスポーツ経験による、コーチから理不尽なことを言われたり、負けて悔しい思いをしたりといったことは、ただの運動能力以上のものを男性にもたらすということ。 スポーツは、競争、協調、忍耐、そして自己制御を学ぶ場である。 高校時代までサッカーに打ち込んでおり、鹿島アントラーズの下部組織に所属していたという彼の主張によれば、これらの経験がない男性は、自信の欠如がみられたり。 逆境に対する耐性が低い傾向にあるという。 さらに、スポーツ経験の有無が男性の精神的成熟に与える影響は、感情のコントロール、そして困難に立ち向かう勇気など様々で、これらは実社会で生き抜いていくための必須事項ではある。

スポーツで養われた自信 が成功につながるのか?

身体的な強靭さは男としての自信につながるとジョージは言う。 彼は、スポーツ経験で得られる体力や理不尽な経験に対する耐性が、男性のキャリアにおいてプラスのの影響を与えると語るが、それは、もっぱら男性においての話であり、女性にはあまり関係ないという。 しかし、スポーツ経験の有無は女性にもフィジカル、メンタルの両面で有利に働くと考えられる。 自信をもつことは男性にも 女性にも等しく重要である。

スポーツが持っているメンタルの鍛錬効果

スポーツはフィジカルよりもメンタルの強さを養うことに力点を置いた話になっている。 これは古い根性論につながっており、挑戦に直面し、それを乗り越える過程で、男性は失敗から学び、逆境を乗り越える力を身につけるといった昔からある考え方である。 スポーツによって養われた根性は人生のあらゆる領域において役立つというのも結局根性論である。

スポーツ経験と恋愛市場での成功

最も議論を呼ぶであろうジョージ・メンズコーチのこの動画における主張は、スポーツ経験が男性の恋愛の成否に大きく関係しているというところだ。彼は、スポーツ経験のある男性は、それが無い男性に比べて、内面的自信に満ち溢れ、身体的な魅力もあり、社交的なスキルが高いため、異性からより魅力的なパートナーとして見られる傾向にあると述べる。

男性の自信のある余裕に溢れた振る舞いはスポーツ経験の有無なのか?

自信を持っている男性は魅力的である。女性にとっては頼りがいあって、安心できる存在だからだ。ジョージメンズコーチによると、スポーツ経験を持っている男性は女性に対して寛容で自然に接することができ、おどおどしたところがないので、女性の目には魅力的に映るという。逆にスポーツ経験のない男性は、女性の前で自然に振舞えないと指摘する。

スポーツによって得られる身体的魅力

身体的な魅力は、恋愛において特に重要な要素である。ジョージメンズコーチは、スポーツをすることで得られる健康的な体が、恋愛において有利に働くと語る。

ジョージメンズコーチの見解は、スポーツ経験が男性の人生、特に恋愛にに与える有利な影響を強調にする。しかし、スポーツがすべての男性にとって最適な成長のための経験であるとは限らず、個々の状況や興味、才能を考慮に入れて最適な選択肢を取る必要がある。スポーツは多くの男性にとって有益な活動ではあるが、成長や成功には様々な道が存在する。

ジョージ・メンズコーチのトークが与えた様々な波紋

一つの成功観に固執している

彼はスポーツ経験の有無がその男性の成功に関係があることを力説しているが、これは単一の成功観に固執しているとの批判を巻き起こした。人生における成功や失敗は、スポーツだけでなく個人により多様な価値観に根ざしているため、スポーツをしていなかったから人生における成功するにあたり、不利になったり、有利になったりといった単純な成功観は広く受け入れらるものではない。

メンズコーチの強化されたステレオタイプ

スポーツ経験が男性の成熟や強さに直結しているという見方は、古典的なジェンダーについてのステレオタイプを強調しているものだと批判された。全ての男性が競争原理に基づいて生きるできであるという考えは、個人の多様性や異なる強みを無視していると見なされる傾向がある。

偏見の可能性

ジョージメンズコーチのトークがスポーツ経験者を優越的な立場にたつとみなし、スポーツ非経験者に対し劣等感を感じさせるような言及をしている場合、それは偏見に満ちた考えに基づいているという批判につながる。個々の価値を、人それぞれが経験した異なる活動の種類で判断することは不適切である。

健全な精神に対する単純化された考え方

メンタルの強さや健全さをスポーツ経験に単純に結びつけることは、精神の健康に問題を持つ人々に対しては、単純化し過ぎた見方と思われる恐れがある。精神的な健康という概念は複雑であり、スポーツだけが有効な解決策であるはずがない。

現代的な価値観との齟齬

ジョージ・メンズコーチのメッセージが、現代の価値観や個性を尊重する風潮と矛盾している可能性がある。自己実現は多様な方法で可能なため、スポーツに限定されるべきではないとの批判が多数考えられる。

ジョージ・メンズコーチ『残酷な事実: スポーツ経験がない陰キャが一生モテずに人生を終える理由』のSNSでの切り抜きがバズった理由は危機感ニキの独特の話し方にあった?

Youtube動画が、SNSで拡散され、バズる原因はケースバイケースで、バズった人物独特の話し方や特徴的声という要素が大きなウエイトを占めていることは間違いない。切り取られた動画はバズったものの、Youtubeへの流入には繋がらなかったようだが、ジョージメンズコーチの動画がX(Twitter))」や「TikTok」というSNSプラットフォーム上では切り取られバズった原因として、以下の点が考えられる。:

  1. 情熱的で挑発的な口調:
    ジョージメンズコーチの情熱的で、挑発的な話し方は強い感情的反応を引き起こす可能性がある。人々は感情に訴えかけるコンテンツに惹かれやすく、共感や反発を感じるとシェアしたくなるものである。
  2. ジョージ独特の視点:
    彼は十代の頃は鹿島アントラーズの下部育成組織に所属しており、サッカー選手を目指していた経験がある。その経験から語っていると思われ、そんな彼のスポーツ経験の重要性についての視点がユニークなものであれば、それが議論を引き起こし、話題を生む要因になり得る。特に異論や反駁を誘発するような内容は、SNSでの議論の沸騰を加速させる。
  3. 刺激的な発言:
    ジョージ・メンズコーチの発言が、社会全般の規範に挑戦するような刺激的なものだった場合、その刺激的な要素が拡散のトリガーとなったと考えられる。
  4. 共感を促すトーク:
    話の内容が視聴者自身のの経験や感情に直接訴えかける内容であれば、共感や怒りといった感情的な共鳴を呼び、拡散につながりやすくなる。この動画では誰もが持っているだろう「スポーツ」と「恋愛」という多くの視聴者の共感を呼びやすい話題を取り扱っていた。とくに恋愛においては「失恋」が、スポーツに於いては「敗北」が共感を呼ぶだろう。
  5. エンターテインメントの価値:
    話し方がユーモラスであり、その声の持つ特有のニュアンスやアクセントにより、エンターテインメントとしての価値が高まり、視聴者の動画共有欲求を高めた可能性が高い。

上記の要素は、SNSでのバズりの要因の一部ではあるのだが、具体的にはそれがバズった文脈やその時点の社会的な情勢、視聴者の心理が複雑に関わりあっているため、一概に個性的な話し方だけが原因とは限らず。コンテンツがどのように切り取られ、共有され、視聴者にどのように受け止められたかも重要な役割を果たす。

コメント