PR

毎年恒例の年末年始のブルース:メランコリックな気持ちと向き合う方法

スポンサーリンク

年末年始は、華やかなイベントや家族との団欒で溢れる時期ですが、一方で多くの人が感じる憂鬱な気持ちもまたこの季節の一面として語られる。休暇の喜びとは裏腹に、孤独、ストレス、期待と現実のギャップなどが原因で、心が重くなることもしばしある。年末年始に感じる憂鬱な気分にいかに対処するのかについて処方箋ともいうべきものを提供する。

スポンサーリンク

期待と現実の狭間でのもがき:なぜ期待するの?ありのままでいいんじゃない?

我々はしばしば、自分自身、他人、己の人生に対して高い期待を持つことがある。目標はたかければ高いほどいいのだろうかというとそうでもない。なんの達成感も得られない状態がつづくかもしれない。このように期待が現実と一致しないとき、失望感や不満が生じる。こういった期待と現実のギャップに対処する方法は、自己をありのままに受容し、現実的な問題の解決にフォーカスを当てて段階的なステップを踏んで行動することだ。以下いくつかの事例を列挙する。

1. 期待値を現実的妥協策によって変えていく

  • 現実的な目標設定: 目標を立てる際には、現実的で達成可能なものにすることが重要で過度に高い期待は禁物、単なる金属疲労のような状態を引き起こすだけで、自分にとって何がふさわしいのか再考してみるが大いにある。
  • フレキシビリティを持つ: 会社の勤務形態もフレックス化が進んでいるように、仕事だけでなく自分のプライベートな生活でも計画に対する柔軟性を持ち、状況が変わるなどという日常的に頻繁におきる出来事にも楽にシステマティックに対処できるようにしておくこと。

2. 自己受容とエンパシー

  • 自分自身を受け入れる(自己受容): 多種多様な自分の限界点や弱点を受け入れ、それらを恥じることなく認めるのはそれなりの勇気や決断力がもとめられるもの、だが第一歩を踏み出すためにはまず全体条件となるのがここ。第一歩を踏み出す前に、意識が自己の置かれた現状から遠く無意識に離れてしまっており、それに気づかぬまま日々を過ごしていってしまっている場合が多い。はじめの第一歩に帰るためには、ゼロ、つまり原点回帰を必要があるのだが、その原点からどんな位置関係でどれだけ離れているのかがこの時点では分からなくなっていると、回帰への道を発見することはいばらの道となってしまうことが多い。
  • エンパシーを持つ: 自分自身に対しても、他人に対して持つような温かい気持ち、共感性をもつこと。エンパシーとは、エンパシー(共感)は、他人の感情や考えを理解し、共感する能力を指すが、具体的には、以下のような要素がふくまれる。他人の感情を感じ取り、共感すること。例えば、友人が悲しんでいる時に、その悲しみを理解し、共に感じることができる力のことである。他人をよく観察することで、自分の置かれた状況に対する感性も磨かれてくるため自分の原点と自分の意識の原点がどれだけ、どんな位置関係ではなれているかもわかりやすくなる。

3.リアリティの正確な理解

  • 客観的な視点を持つ: 自分の状況を客観的に分析し、現実を正確に理解する努力。これが一番難しいのだが、一人ではなかなかできないことを知っておくと、しかるべき相談相手というか、メンターにも出会える可能性は高まる。
  • 情報収集と評価: 独断的な判断を下す前に、十分な情報を収集のステップを踏むことで、現実的な評価に対する理解とチューニングおよびアジャストメントを行うこと。十分な情報量が不足した状態で判断することは自己認識に偏りが生じてしまうので、補正することは容易でなくなる。そのひずみを補正可能な状態より悪化させないためにも良質なインフォメーション収集が肝心である。

4. 自分の置かれた現状に対する感謝の気持ちを持つ

  • 現状の良い面にフォーカスする: ポジティブに現状にフォーカスし、感謝することで、小さな発見にも喜びを持てるようになる。枯れ木に花咲くのに驚くよりも、生木に花咲くことに驚くといったようなことである。
  • 日記をつける習慣: 日々の感情を日記に書くことで、日々の感情の変動を時折振り返ることできるようになり、それが未来の自分に対するポジティブな気持ちを育む一助となる。

5. ネガティブな感情の受容と対処

  • 自分の感情を認識し受け入れる: 失望感や不満などの感情は誰にでもあるものだが、それから目をそらさずに認めて受け入れること。ここは何度も強調するが、まずは現状から始める以外にスタート地点はない。意識がスタートから離れているばあい、スタートに戻ることで再出発ができるようになる。亀のような歩みでもよいから一歩一歩を確実に進めることだ。スタートという文字列を逆から読めば、トータスとなる、つまり亀である。まずは原点に亀のような歩みで一歩ずつ戻る。
  • ストレス解消法を見つける: ヨガ、瞑想、運動など、ストレスを解消するアクティブな、あるいはフィジカルな活動をはじめることもやはり、上記の具体的な自己の原点回帰のメソッドとして効力を持つ。

6. メンターにサポートを求める

  • 信頼できる人とのコミュニケーション: 友人や家族と話をし、気持ちを共有することで、心の負担を軽減できる。ひとりで抱え込まないことが肝要。
  • 必要に応じて専門家に相談する: カウンセラーやセラピスト、いわゆるメンターとの相談を通じて、客観的な意見や専門的なアドバイスを受けることも有効なメソッドの一つである。

期待と現実のギャップは、私たち全員が直面するもの。これらの対処法を通じて、よりリアルな目標設定と自己受容をうながし、心の平穏を保ち自分自身の置かれた現実を受け入れ、ポジティブな一歩を踏み出す。

家族のメンバー間の衝突回避、温和に緊張緩和をはかる方法とは?

家族のメンバーとの心情的な関係は、時として複雑怪奇なものになることがある。これは核家族化が進み家族の年齢が上がるつれて、家族一員それぞれの社会的な役割の違いなどが生じてくるため、顕著になる傾向がある。特に年末年始などの休みは家族が実家に集まることが多い時期で、普通なら家族のあたたかな団らんを楽しんでいるこの時期に家族と古い確執や誤解が再燃してしまったなんてこともしばし耳にする話題ではある。しかし、家族間の関係を改善し、お互いの人格をできるだけ尊重し緊張緩和を図るこはちょっとした工夫で実践可能なことである。以下家族のメンバー間との関係をより良いものにするためのヒントを提供する。

1. コミュニケーションの改善

  • 積極的な聴き手になる: 相手の話を好奇心を持って注意深く聞き、理解しようしている姿勢を示すことは、緊張を和らげる第一となるし、自分の話を他人に聞いてもらえるようにもなるというメリットがある。話を他人に興味を持って聞いてもらえないというのは意思疎通上において最大のストレスとなってしまう。とにかく自分の話や、自分の子供の話をしたくて仕方がないといった人が多いのだが、まずはそこを抑えて聞き役徹しみれば、聞き手の役割が必然的に実感として理解されるはずである。
  • 温和なコミュニケーションに徹する: 会話をするときにも、家族だからと言ってぞんざいな言葉を使わずにい、慎重に言葉選びに注意し、非難や攻撃的な表現を避けるようにつとめるが、必要以上に固い態度や話し方は極力避けたいものである。できるだけカジュアルな方向性で話を進めれば、それが態度となって表れるので、相手もリラックスするので積極的に理解してもらいやすくなる。

2. 互いの違いを尊重する

  • 個々の価値観を認める: 人間は一人として同じ人はいないのだから、家族といってもそれは同じ。家族個々人の意見や価値観を尊重し、違いを受け入れることが重要。
  • 共通の価値観を見出す: 互いの違いを認めつつ、同時に共通の価値観を発見しようとする意識を高く持つこと。

3. 禍根を手放す

  • 過去の問題に囚われない: 過去の問題や確執を引きずることは、現在と未来に対する視座の欠如につながる可能性があるので、将来に対する有効性のある過去の振り返り方を考える。
  • 許容性を高める: お互いに過去の過ちを許し、新たな関係を築くことが肝心であるが、過去の過ちを糧にして未来にそれらを生かしていくこともできる。

4. コンフォートゾーンの理解と設定

  • 適切なコンフォートゾーン設定する: 自分自身の限界を知り、適切なしきい値というか、コンフォートゾーンを設定することで、自己を破綻させない範囲で受容し、発展させていくことが可能となる。コンフォートゾーンの設定が不適切だと、自己認識が不適切なものになるし、適切であれば、適度な刺激により自己発展をはかりこんフォートゾーンのエリアの拡張にもつながっていく。
  • 相手のコンフォートゾーンを互いに尊重する: コンフォートゾーンは家族間では、みな全員異なるのだから、お互いのコンフォートゾーンを理解し合うことが、快適に家族間の関係性を尊重することにつながっていく。高齢の親を連れて散歩するときには、散歩の快適なペース、つまりコンフォートゾーンは親のほうに自分が散歩のウォーキングのペースや速度を合わせるべきである。

5. ストレスマネジメント

  • リラクゼーションの実践: ストレスを感じたときは、瞑想や深呼吸などのリラクゼーションテクニックを積極的に活用するのが理想だが、なるべく自己流ではなく、先述したようにメンターの適切なアドバイスのもとに行うのが理想。
  • 自分の感情を理解する: 自分の感情を理解することは簡単ではないのだが、他社の感情を理解することが、故自己理解に大きく役立ち緊張を和らげる鍵となる。

家族との関係は、時には複雑で難しいものであるが、相互理解とコミュニケーションを通じて、より良い関係を築くことに尽力すること。家族との緊張を和らげるためには、あせらない着実な努力と時間と忍耐が必要ですが、その結果が長期的な幸福や充足感につながることを考え合わせれば当然必要なことと言える。

憂鬱が深刻な場合の対処法は?

日常生活の中で時折感じる憂鬱な気持ちはだれにとっても一般的だが、時にこれが深刻なレベルに達すると、日々の生活に大きな影響を及ぼす可能性があるが、何とかなるさといった感じで楽観視していると重度の憂鬱につながることが多々ある。単なる気分の問題ではなく、適切な対処が必要とされるメンタルヘルス問題である。以下に、深刻な憂鬱に対処するための方法を紹介する。

1. メンターの助けを求める

  • カウンセリングやセラピーなどのメンターへの相談を検討する: 心理療法士やカウンセラーに相談することで、憂鬱の原因を理解し、適切な対処法を容易に発見することができる可能性がある。原因不明では解決法もみつからないまま放置し悪化させてしまう。
  • 必要に応じて医師の診断を受ける: 長期間にわたる憂鬱などの症状がある場合は、精神科医の診断が必要となる。遠慮せずに医師の診断を活用し、クオリティの高い生活を送るためのツールとして活用したい。

2. 社会的サポートの活用

  • 信頼できる人とのコミュニケーション: 家族や友人と雑談や世間話をし、互いの感情を共有することは心の負担を軽減に貢献する。
  • サポートグループへの参加: 同じような経験を持つ人々との自助グループへの参加も共感や助けを得ることができ有効な手段である。

3. 健康的なライフスタイルの維持

  • 規則正しい生活習慣: 良質な睡眠、バランスの取れた食事、定期的な運動は心身の健康に役立つ、体と心は密接に連動しておりどちらか一方だけの健康というものはなく、常に車輪の両輪のごとく作用していることを理解すること。
  • リラクゼーション技法の実践: ヨガ、瞑想、深呼吸などのリラクゼーション技法を実践してみる。身近にある施設を活用することが、継続的な利用に役立つ、こういった活動はある一定期間の継続があってはじめて効果が表れるものである。

兎に角、憂鬱が深刻な場合、自分一人で解決しようとせず、周囲のサポートを活用することが必須条件となるので、決して一人でなやまないこと。専門家の助けを求める勇気を持ち、セルフケアに注意を払いながら、徐々に心のバランスを回復すること。

自分自身のココロとカラダの健康が何にもまして優先されるべきである。

コメント